空き巣の行動

空き巣というのは人目を忍んで行動するものです。
空き巣は泥棒に入る前に必ず下見をするそうなのですが、その下見の時も怪しまれないような格好をして住宅街をうろうろしていると言われています。

みなさんは空き巣というとどのような格好を思い浮かべますか?ほっかむりをした泥棒なんていまどきいないとおもいます。かといっていかにも怪しげな黒ずくめの姿をした泥棒もいないでしょうね。

実は空き巣で一番多い服装がスーツ姿だそうです。
特に住宅街をうろつくときはスーツ姿が多いと言われています。
住宅街を大きなアタッシュケースをもってスーツを着た人がうろうろしていたとしても通報する人はまずいないのではないでしょうか。よほど怪しげな行動をとっていない限り目をつけられることはありません。

実際、東京の高級住宅街で何度も空き巣を繰り返していた男もスーツ姿だったそうです。
スーツを着て住宅街をうろうろしていてもセールスマンかなにかのように思われます。

ちなみにスーツの次に多いのが作業着だそうです。マンションやアパートに侵入するときは作業着を着る空き巣が多いそうです。作業着ならなにかの業者が工事とか作業をしているのだと思われるため、住人にも怪しまれないからだそうです。

鍵は防犯の要です!鍵の交換は鍵屋にご相談下さい。